実際に存在する科学的に不可能な場所10選

Kawah Ijen (カワ・イジェン)

Kawah Ijen

ジャワ島のバンヤンワン県にある活火山、カワ・イジェンは、世界で最も不思議な火山のひとつです。通常の赤い溶岩と黒い煙ではなく、地下活動によって電気のような青い溶岩と炎が空中に舞い上がります。

カワ・イジェンの伝説的な青い溶岩は、昔から好奇心旺盛な人々をジャワ島に惹きつけてきました。この素晴らしいインドネシアの島では、火山の壮大な噴火が目を見張るものがあります。この現象は、長い間、科学者たちを魅了してきました。しかし、その色は疑う余地がないが、根本的な原因は一般に考えられているようなものではない。ここの溶岩はもともと青かったわけではなく、自然現象によって青くなったのです。実際、この火山には世界で最も高いレベルの硫黄が含まれており、火山の硫黄ガスが360度以上の気温と接触すると、溶岩は青くなる。

もうひとつ興味深いのは、ここには世界で最も危険な硫黄の採掘作業があることだ。労働条件は不安定で、有毒な硫黄ガスに長期間さらされている労働者は、長期的な健康問題を抱えています。ご興味のある方は、ぜひご覧ください。一人で冒険するのはやめましょう。ガイド付きのグループツアーに参加して、青い炎の現象を見るのもいいでしょう。

Advertisement

この記事の続きを読む

More From Travel Den

×