専門家を悩ませる謎の失踪事件20選

ベニントン・トライアングルで起きた一連の行方不明事件

The series of missing person cases in the Bennington triangle

1943年から1950年にかけて、バーモント州ベニントン郡のグリーン・マウンテン国有林では、ベニントン・トライアングルと呼ばれる森の中で何人もの人が失踪した。

まず、カール・ヘリックは、1943年に狩猟旅行中に従兄弟とはぐれてしまいました。従兄弟は3日後にカールの遺体を発見したが、何者かに圧迫されて死んでいた。カールの死体の周りには熊の足跡があったが、熊が人間を圧迫死させることはないらしい。

ミディー・リバーズは1945年、ヘルホローで狩猟隊を率いていたときに、グループの先陣を切って失踪しました。バーモントの森をよく知っていたので、一行は心配しませんでしたが、残された痕跡は、彼が使ったライフルの使用済みカートリッジだけだったのです。

2年生のポーラ・ジーン・ウェルデンは、すでにトップ20に入っている失踪事件だが、ベニントン・トライアングル失踪事件の一つである。1946年にロングトレイルを歩くために彼女が着ていた赤いジャケットを見逃すことはできないが、彼女が角を曲がるのを見たカップルは、追いついた後に彼女が消えたと言っている。

1950年、8歳のポール・ジェフソンは、母親が用事のために運転していたトラックから飛び降りた後に消えた。母親はポールに帰らないように言いましたが、戻ってきたときにはポールがいませんでした。ポールはポーラと同じように赤いジャケットを着ていたので、彼を見つけないわけにはいかないだろう。迷信によると、森の中で赤い服を着るのは不吉なのだとか。

フリーダ・ランガーは、いとことハイキングに出かけ、濡れた服を着替えるためにキャンプに戻った後、行方不明になりました。 7ヶ月後、何度も捜索された空き地で彼女の遺体が発見されましたが、腐敗していて死因がわからない状態だったそうです。

地元の部族は、この森が呪われていると信じていました。ある伝説では、踏むと人を飲み込んでしまう「人食い石」があると言われています。また、変わりやすい風が方向感覚を失わせるという説もあるが、すべてのケースを説明できるわけではない。宇宙人や野生人、あるいはビッグフットのような巨大な毛むくじゃらの獣であるベニントン・モンスターなどが関係していると言われている。これらの事件が解決するまでは、一連の失踪事件は不気味なので、人々の憶測は尽きない。

広告

この記事の続きを読む

トラベルデンからのお知らせ

×