世界で最も危険な空港20選

ホンジュラス・トンコンチン国際空港

Toncontin International Airport, Honduras

トンコンチン国際空港では、経験豊富なパイロットでも着陸が少し怖いと感じることがあります。この空港への着陸は非常に危険なため、パイロットは着陸する前に特別な訓練を受けなければなりません。世界の商業空港の中で、最も滑走路の短い空港です。滑走路の端には65フィートの崖があり、オーバーシュートした飛行機はこの短い滑走路に到達する前に、急降下しなければなりません。ここに着陸するパイロットは、正確な位置に着陸しなければ命を落とすことになる。

パイロットがこの空港を恐れるのには理由がある。2008年、あるパイロットが最初の着陸に失敗したことがありました。乗客に2回目の着陸を知らせた後、南からの強風に押されて着陸速度が上がり、事態は最悪の展開を迎えました。

飛行機は停止することができず、崖下の繁華街に墜落した。飛行機に乗っていた3人と地上にいた2人がこの事故で亡くなった。その前の1998年にも同じような事故があり、3名の命が失われている。

Advertisement

Continue Reading This Article

トラベルデンからのお知らせ

×