世界で最も危険な空港20選

香港・凱旋門(カイタック)空港

Kai Tak Airport

1925年から1998年まで香港の国際空港であったカイタック空港は、おそらく最も危険な空港でしょう。あまりにも危険だったため、1998年にはさらなる事故を避けるために閉鎖されました。当時、パイロットの間では、着陸が非常に難しい空港として有名でした。

カイタックの複数の危険性の1つは、「ベイルアウト」エリアがないことだった。ほとんどの空港では、パイロットは高度500フィート付近で降下を断念し、引き返して再挑戦する最後のチャンスがある。しかし、カイタック空港では、高度300フィートまで翼を水平にすることができなかったため、着陸に失敗した場合の救済が不可能だったのです。

63年間の運航期間中、カイタックでは14件の重大な航空事故が発生したという。最も被害が大きかったのは1965年、米軍機が離陸直後に防波堤に激突。海に墜落し、71名の死者を出しました。さらに1993年には、強風の中で着陸しようとした民間機が滑走路をオーバーランしたという、空港で最も悪名高い事故が発生した。アプローチが不安定だったにもかかわらず、パイロットは2回目の試みをすることができなかった。滑走路を横切った飛行機は、香港の港の海に沈んでしまったのです。

広告

この記事の続きを読む

次へ ›
広告

トラベルデンからのお知らせ