まだ誰も解明していない宇宙の30の未解決の謎

1. ディアトロフ峠事件

The Dyatlov Pass incident

ロシアのディアトロフ峠は、1959年の冬に9人のハイカーが奇妙で凄惨な死を遂げた事件の舞台となった。チームは2月1日の夜、死の山(Kholat Saykhl)と名付けられた雪の斜面に出発し、テントを張ってキャンプをしましたが、その後は何の音沙汰もありませんでした。

捜索隊が、内側から切り裂かれたテントを発見したのは、それから数週間後のことだった。その後、数ヶ月の間に9人の遺体が次々と発見され、その地域に散らばっていった。服を着ていない状態のもの、頭蓋骨が潰れたような状態のもの、目がなくなったもの、舌がなくなったものなどがあった。

当時、「未知の自然の力」が非難され、悪名高い秘密主義のソ連はこの事件に二度と言及しなかった。その後、2019年になってロシアが事件を再開し、「小さくて遅れた雪崩」が公式に非難されるようになった。

それは、負った怪我が、通常の雪崩による死亡のケースである窒息ではなく、鈍器による外傷であったにもかかわらず、である。また、その夜、雪が降ったという記録もない。

異常な雪崩なのか?それとも、その未知の自然の力は、実際にはむしろ未知の何かなのだろうか……?私たちにはわからないかもしれない。

Advertisement

Continue Reading This Article

トラベルデンからのお知らせ

×